仁和寺で桜の塗香講習

2017年04月05日
カテゴリー お香の話

仁和寺は
古都京都の文化財として、世界遺産として登録されておりますが、また、皇室とゆかり深い門跡寺院でもあります。
土塀に入っている五本線は、門跡寺院(天皇の勅命によって建立された寺院)の象徴だそうです。
仁和寺の御室桜はとても有名です。御室桜は木の背丈が低いのが特徴で、境内には約200本あり、もうすぐ開花の季節ですが、さぞ、美しいことでしょう。
今回は御室桜にちなんで、桜の香りをイメージした塗香を調合いたします。
心地よい春の日のひと時、さくらの香りの調合は、雅の世界へ誘ってくれるのではないでしょうか。心身共に、リフレッシュします。
是非、京都、仁和寺へお越しください。ご一緒に塗香の調合を楽しんで頂きたいと願っています。    合掌

日 時  4月 20日  写経     午前  10時から       

             塗香     午前  10時 50分から  

風 香る国 香川県 高松市  岩佐佛喜堂仁和寺塗香講習

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です